So-net無料ブログ作成
検索選択

無線LAN環境の更新(新しい無線APの増設) [PC]

去年、家のインターネット環境をギガ対応にするため

「Aterm BL9002HW」というauのギガホームゲートウェイに変更しました。

ギガホームゲートウェイ内蔵の無線LAN親機機能をご利用の場合は、最大450Mbps、利用料500円/月がかかります。

ただし、auのスマートバリューに申し込めば、

月額費用は永年無料ということで、auスマホとセットで利用していました。

ルーターは2階に設置してあり、

1階のリビングには2階から有線接続で「Aterm WR6600H」という少し古いルーターを

無線アクセスポイントモードで接続して、有線ポートにはPCとTVを接続し、

無線APとして802.11 b+g の無線接続を行ってきました。

しかし、1階で「Aterm WR6600H」に接続すると、

1.接続する不具合が多く接続スピードが遅いこと
2.
1階で任天堂DSなどのゲーム機器が利用できないこと
 
  (SSIDが二つないためWEPでの接続ができない)
3.
息子が使える無線の時間に制限がかけられないこと

の3つから11acに対応し、こども安心ネットタイマーを機能を搭載した
「Aterm PA-WG1200HP」を導入することにしました。

P2220405.JPG

無線LAN:867Mbps(11ac/5GHz帯) + 300Mbps(11n/2.4GHz帯)
有線LAN:1000BASE-T

1階はママのPCとTVも接続するので有線LANは1000BASE-T対応で

無線は11ac対応で867Mbpsです。

SpeedSpotというアプリで計測したところ

上りで200Mbps、下りで50~80Mbps程度出ています。

この「Aterm PA-WG1200HP」なんですが

IPが変更できない仕様のようで、ルーターモードで使用するときと

ブリッジモードで使用するときで接続先IPを変える必要が有ります。

何度か試しましたが、接続する側のPCのIPも同じセグメントに変えないと、うまく接続できませんでした。

スマホから接続できるアプリ「Atermスマートリモコン」での接続も

接続するAterm機器が見つかりません というエラーメッセージのみで接続できません。

せっかくの多機能ですが、設定画面に入るのにいちいちPCのIPを変更するのは大変です。

何とかならないか問い合わせ中です。


タグ:AtermWG1200HP
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HDDをSSDへ換装 [PC]

少し前の話になりますが(2015年2月11日に実施)

年明けからメインPC(Dell製studio(OSはVista2009年5月購入)のHDD

エラー表示が出ていましたので、そろそろ寿命かと思いHDDを交換することにしました。

購入当初から使ってきたHDDだったせいか

起動やインターネット接続に時間がかかるようになってきてましたので

これを機にSSD(Solid State Drive)に交換することにしました。

SSDは色々有るのですが、とにかくすぐに手に入るもので比較的安価なものという理由で

SSD換装_20150211-000.JPG
TRANSCEND トランセンドTS128G SSD370

を購入しました。(¥8,320)

大事な写真やHDVのデータは外付けHDDに保存しているので

データ移行はOSのデータがメインとなります。

さて、換装方法ですが、SSD本体を空きのSATAポートに接続して

元のHDDのコピーをとって、元のHDDと入れ替える。

という比較的容易な方法を選択しました。

コピー前に元のHDDの必要なデータを外付けHDDに移動しておきます。

SSD換装_20150211-006.JPG
空きのSATAがどこなのかよく分からないのでBIOS画面で確認

SSD換装_20150211-005.JPG
接続するとSATA4が空きのポートのようです。

SSD換装_20150211-007.JPG
まずは、Windows画面で接続したSSDをフォーマット

SSD換装_20150211-008.JPG
EaseUS Todo Backup Free 6.5というフリーソフトを使用して

HDDのデータを丸々SSDにコピーします。

所要時間は40分ぐらいでしたね。

SSD換装_20150211-013.JPG
元のHDDを取り除いてSSDを固定して作業完了です。

換装後の感想ですが、ベンチマークとかよく分からないのですが

明らかにログイン画面までのスピードが速くなっています。

以前は、スイッチを入れて、コーヒーを2、3口すする余裕が有ったのですが

換装後は、目を離すとログイン画面に。。。

ログイン後もインターネット接続までランチャー表示など結構な時間がかかってましたが

ログインとほぼ同時にインターネット接続までできるようになりました。

OSは古いですがまだもう少しがんばってもらいます。

次はブルーレイドライブの増設を考えていますが

バックアップは外付けHDDでとっているので、悩むところです。

SSDの容量1TBが10,000円ぐらいになってくるとそちらが良いかもしれませんね。

今年の5月で丸6年ですが、まだまだデスクトップPCは現役です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が家にXPERIA Z2 Tablet がやってきた [PC]

2012年の7月に我が家にSony Tablet S がやってきました。

確かに素晴らしいタブレットでしたが少しだけ不満が有りました。

1.片手で操作するには少し重い。。。598g

2.iPhone5のRatinaディスプレイを見慣れたため
  やはり物足りないWXGA(1280×800)TruBlackディスプレイ

3.サクサク感が足りないNVIDIA Tegra 2 モバイルプロセッサ 1GHz

ってことで

このまま使い続けるのもなんだか少しストレスで

ちょうどSONY store に来店すると7/31までなら

買取額¥3000UPの¥10000キャンペーンと

SONY store 来店し、Sonyカードを作るとポイント¥1000キャンペーンを

利用して、買ってしまいました。

XPERIA Z2 Tablet

XperiaZ2tablet_20140801-001-2.jpg
久しぶりのソニーストアでお買い物

XperiaZ2tablet_20140801-006.jpg
本体の箱は意外に小さいです。

XperiaZ2tablet_20140801-007.jpg
充電用にマグネチックチャージングドックも併せて購入

XperiaZ2tablet_20140801-009.jpg
本体はこのように入っています

XperiaZ2tablet_20140801-011.jpg
付属品はAC充電器とUSBケーブル

XperiaZ2tablet_20140801-017.jpg
卓上ホルダ

ただいま充電中なのでインプレッションはまた後日。?

主な特徴

●SGP511JP/B(ソニーストア限定モデル)
●OS Android 4.4
●プロセッサー Qualcomm Snapdragon 801 Quad-core 2.3GHz
●メインメモリー 3GB
●液晶表示装置 10.1型 WUXGA(1920×1200) TFT LED液晶
●ストレージ 16GB
●主な入出力 microUSB接続端子、ヘッドホン出力 ステレオミニ端子×1 (デジタルノイズキャンセリング対応)
●Wi-Fi? IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
●GPS機能搭載
Bluetooth[レジスタードトレードマーク]機能?v4.0準拠
●対応プロファイル 
A2DP / AVRCP / DID / GAVDP / GAP / HDP / HID / HSP / IOPT / MAP / OPP / PANU / SPP / HOGP
●NFC搭載
●赤外線通信 赤外線リモコン機能搭載
●カードスロット microSD, microSDHC, microSDXC(最大128GB)
●カメラ (フロント) 裏面照射型CMOSセンサー Exmor R for mobile 有効画素数 220 万画素
●カメラ (リア) 裏面照射積層型CMOSセンサー Exmor RS for mobile 有効画素数 810 万画素
●防滴機能 IPX5/8等級
●防塵性能 IP5X等級
●外形寸法 本体(幅×高さ×奥行) 約 266mm×6.4(最厚部6.7)mm×172mm
●質量 本体 約426 g


久しぶりのHDD増強 [PC]

なかなか新しいパソコンを買う資金もないのですが

今使用しているPCはDELLStudio Desktopです。

続きを読む


我が家にSony Tabletがやってきた(決してXperia Tabletではない) [PC]

これまた、少し前の話になりますが(2012年7月6日)

念願のタブレットを購入しました。

あえて、iPadではなくソニタブです。

「Sony Tablet S」 (SGPT111JP/S 16GB) 

SonyTablet-S-012.jpg

本当は、iPad(第3世代)が出て安くなった
iPad2でも買おうかなと思っていたんですが

モデル末期でソニーストアの在庫が無くなって、

ヨドバシのオンラインショップの価格も一気に下がった
(¥34,800→¥24,800)ので

結局、ソニータブレットを買ってしまいました。

ソニーストアでは、
同時期にアクセサリー類がほとんど半額セールになっていたので

めぼしいものをチェックして本体より前に注文しました。

液晶保護シート「SGPFLS1」
ソニーストア販売価格:2,480円(税込)⇒1,481円(税込) 

Sシリーズ専用クレードル「SGPDS1」
ソニーストア販売価格:3,980円(税込)⇒980円(税込)

ファブリック製キャリングカバー「SGPCV2」
ソニーストア販売価格:3,980円(税込)⇒980円(税込)

「Sony Tablet Sシリーズ」 Wi-Fiモデル 主な特徴

●OS Android 3.1搭載 ※9月現在で、Android 3.2にアップデート可能
その後Android4.0.3にアップデート対応
●CPU NVIDIA Tegra 2 モバイル プロセッサ 1GHz
●メインメモリー 1GB
ディスプレイ 9.4型 WXGA(1280×800) TruBlackディスプレイ ※IPSパネル採用
●内蔵ステレオスピーカー&マイク ミニジャック端子 
●IEEE 802.11b/g/n準拠
SDメモリーカードスロット USB端子 GPS Bluetooth 2.1 + EDR準拠 赤外線通信
●カメラ (フロント) 有効画素数30万画素
(リア) “Exmor for mobile” CMOSセンサー搭載 HDカメラ 有効画素数511万画素
●質量 本体約598g
 
●ソニー独自のサクサク・エクスペリエンスにより、タッチ操作がスムーズ
●お気に入りのコンテンツをすぐに楽しめる、「Favorites」
●初代PlayStation(R)の名作ゲームを手軽に楽しめる
●DLNA対応の機器でワイヤレス再生できる Throw(送信)機能を搭載
●リビングのさまざまな機器をリモコン操作

購入から4ヶ月経過しましたが、家でのネット接続のメインが

このタブレットになりつつります。

SonyTablet-S-001.jpg
画面も綺麗で発色もいいです。

SonyTablet-S-002.jpg
タッチパネルの反応もまあまですね。

SonyTablet-S-003.jpg
ソニー独自のアプリも有って結構楽しめます。

SonyTablet-S-004.jpg
iPadと違ってフラットでは有りません。

SonyTablet-S-005.jpg
これは電源とボリュームです。奥に張ってあるベルクロはファブリックケース固定用

SonyTablet-S-006.jpg
裏面に段差が有ります。

SonyTablet-S-007.jpg
こちらは、反対側のイヤフォンジャックとUSB&SDHCメモリカードスロット

SonyTablet-S-008.jpg
こうやって外すと見えます。

SonyTablet-S-009.jpg
初代PSのゲームが出来るのでPSマークが有ります。

SonyTablet-S-010.jpg
598グラムと重量は結構有ります。片手で長時間は辛いですね。

電池持ちもよく、
2,3日の外出なら充電器無くても十分に電池は持ちますね。

ちなみにこのタブレット普段は、リビングで時計として息子の

チャリ走DX専用機として活躍しています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。