So-net無料ブログ作成
検索選択
デジカメ ブログトップ

新しいストラップ! [デジカメ]

長い間カメラ購入時に一緒に購入したOLYMPUSの純正ストラップを使用していました。

首から吊るして少し長めのストラップながら

革製で色も本体色に合ったホワイトで気に入ってました。

最近自転車で出かけることもあり、

たすき掛けで使うには少し長すぎたので簡単に調整できる物を探していました。

速写カメラストラップ_20140730-001.jpg
速写ストラップはほかにもアルティザン・アンド・アーティストのイージースライダーシリーズが有ります。

速写カメラストラップ_20140730-002.jpg
中身はこんな感じです。少し細めですね。

速写カメラストラップ_20140730-003.jpg
装着した感じは色味もよさげですね。

速写カメラストラップ_20140730-006.jpg
このストラップを引いて長さを調節する。

速写カメラストラップ_20140730-007.jpg
脱着式バックルになっています。

速写カメラストラップ_20140730-009.jpg
このように外して三脚とかに取り付けるとき邪魔になりません。

A&Aのストラップは取り外せないのでこの点が特に気に入っています。


ぶらり一人旅(下関~門司港) [デジカメ]

最近とっても出張が多いのですが、

いつも時間が無くて目的地との往復だけになっていました。

今回は、珍しく時間が出来たので少し観光してきました。

普段は新幹線や在来線を使用してトンネルで往復している関門海峡を船で渡ってきました。

桟橋で既に揺れ動く海面に少し躊躇しましたが、

乗ってしまえば爽快そのものものの5分で本州から九州へ渡ることができます。

早春の下関門司港-20120401-028.jpg

下関の唐戸港からは、かの巌流島への遊覧船も就航しています。

早春の下関門司港-20120401-011.jpg 

関門海峡は、「馬関(現 下関市)の「関=カン」と、門司(現 北九州市門司区)の「門=もん」を取ったものである(難関という意味の関門ではない)。旧名は馬関海峡(ばかんかいきょう)。最深部は水深47m」とあります。

昔からなんで「しものせき」と「もじ」で「かんもん」海峡なのか疑問に思ってましたましたが、疑問が解けました。

さて、関門海峡は「海峡の狭さ、潮流の速さ・向き(潮の干満により1日4回潮流の向きが変わる)、船舶通航量の多さ、航路の複雑さ(関門航路は筆記体の「V」の字)から、日本国内に7箇所設置されている海上交通センター「関門マーチス」が置かれている。」とのことで

早春の下関門司港-20120401-024.jpg

船の近傍をこんな船が通過していきます。

海峡を通過する船は1日700隻ほどだそうで、

海峡を横断する小型船はその間を縫って航行するため結構スリリングです。

それでもほどなく門司港へ到着します。

早春の下関門司港-20120401-036.jpg

鉄道好きな私は、まずは門司港駅に向かいます。

門司港レトロ-20120401-003.jpg

門司港駅は、「1914年(大正3年)1月に建築された木造駅舎」で

ネオ・ルネッサンス様式(ネオ・ジオンではない)の建物で国の重要文化財に指定されています。

残念ながら、駅舎前の広場の噴水は枯れていました。

駅舎内もレトロな雰囲気が残されていてなかなかグッドでした。

早春の下関門司港-20120401-042.jpg
切符売場。。。

かつての関門連絡線へ続く階段も遺構が残されています。

早春の下関門司港-20120401-045.jpg

昔、宇高連絡線をよく利用していたのでこういう遺構は特にノスタルジーに浸りますね。

駅の構造も高松駅になんとなく似ており、懐かしさを感じます。

さて、切符を購入して1時間ほど時間がありましたので

門司港レトロなるものをプラプラと見て歩きます。

4月とはいえ、晴れているものの風が冷たくなかなかのんびりもしてられません。

早春の下関門司港-20120401-054.jpg

早春の下関門司港-20120401-057.jpg

早春の下関門司港-20120401-058.jpg

早春の下関門司港-20120401-059.jpg

門司港レトロ-20120401-004.jpg

門司港レトロ-20120401-005.jpg

なかなか見ごたえのある建物がたいていはレストランなどになっています。

早春の下関門司港-20120401-055.jpg

早春の下関門司港-20120401-056.jpg

この雰囲気のいい船は、PIZZAとPASTAのお店でしたが潰れてしまったようです。

さて、電車の時間が近づいたので駅に戻ります。

門司港駅は九州鉄道の基点なので「0哩(マイル)標」があります。

早春の下関門司港-20120401-060.jpg

これを見れただけで満足ですが。。。

早春の下関門司港-20120401-065.jpg

昔のホームもかろうじて残っています。

門司港から小倉に向かいます。

小倉から博多間は何度も往復していますが

700系のレールスターか、500系しか乗ったことがありませんが

初「さくら」です。

早春の下関門司港-20120401-073.jpg

いい色ですね。

福岡空港で知人と待ち合わせして

無事にご対面。車を通じてできたお友達ですが、久しぶりにお会いできてよかったです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オリンパスフェスタに行ってきた [デジカメ]

今日は7月22日に発売される

「EP-3」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2」の

オリンパスフェスタ2011-20110703-009.jpg

出来具合を体感できるキャンペーンに行ってきました。

EP-3の出来具合で特に感心したのは

液晶の精細さでしょうか。逆に文字が見にくくなっていますね。

オリンパスフェスタ2011-20110703-011.jpg

アートフィルターが全部で10種類と豊富になっています

しかもAFが爆速になってます。

もはやコントラストAFとは思えない速さです。

機能の中で特に気に入ったのは

アートフィルターを同時に10種類全部撮影できる機能です。

同じ構図の写真

一度に生成

便利ですね~。

しかし、なんだか物欲が働かないんだよな~

特にポップアップ式のストロボの作動音がばよ~んって感じで萎えます。

レンズもマニュアルのメモリがあってプロっぽいんですが

素人の私には全然必要ない機能です。

正直、本当に女子カメラ?って感じですが

マイクロフォーサーズのフラッグシップ機となったE-P3

これぐらい高機能にしないといけないんでしょうね。

個人的にはやっぱり手持ちのE-510のペンタミラーの作動音とシャッター音が好きです。

オリンパスフェスタ2011-20110703-021.jpg

気になったのはこの秋に発売される

「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」に注目しています。


デジカメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。