So-net無料ブログ作成
検索選択

MG 百式 Ver.2.0 作成その4(完成) [ガンダム]

それではMG百式Ver.2.0にメガバズーカランチャーを装備します。

まずはメガバズーカランチャーですが、水転写デカールを貼り、

息子のウェザリングマスターを借りて汚しをかけて仕上げにつや消しスプレーを塗装しました。

MG百式_Ver.2.0_-129.jpg
これはウェザリング前です。

MG百式_Ver.2.0_-148.jpg
ウェザリングかけました。

MG百式_Ver.2.0_-149.jpg
噴射口をそれっぽく。

MG百式_Ver.2.0_-150.jpg
銃口をそれっぽく。

MG百式_Ver.2.0_-151.jpg

MG百式_Ver.2.0_-152.jpg

MG百式_Ver.2.0_-025.JPG
仕上げにつや消しスプレーをして完成。

MG百式_Ver.2.0_-026.JPG
1/100ですがそんなに大きくないです。

さて、水転写デカールに少してこずりましたが、MG百式本体も完成しました。

MG百式_Ver.2.0_-003.JPG
なかなかの佇まいです。

MG百式_Ver.2.0_-004.JPG
やっぱり漢字の「百」がいい感じですね。

MG百式_Ver.2.0_-005.JPG
水転写デカールは結構細かいのですが仕上がりは良いですね。

MG百式_Ver.2.0_-011.JPG

MG百式_Ver.2.0_-012.JPG

MG百式_Ver.2.0_-013.JPG

MG百式_Ver.2.0_-014.JPG

MG百式_Ver.2.0_-017 (3).jpg

MG百式_Ver.2.0_-019.JPG

MG百式_Ver.2.0_-021.JPG

そしてメガバズーカランチャーと合体。

MG百式_Ver.2.0_-036.JPG
アクションベースの位置が決まらなくて相当苦戦しました。

MG百式_Ver.2.0_-039.JPG
取っ手と本体が離れちゃってます。

MG百式_Ver.2.0_-042.JPG

MG百式_Ver.2.0_-047.JPG

MG百式_Ver.2.0_-051.JPG

MG百式_Ver.2.0_-055.JPG

MG百式_Ver.2.0_-059.JPG

MG百式_Ver.2.0_-070.JPG

MG百式_Ver.2.0_-076.JPG
完成品をMGアーガマ配備MSと

PC060011.JPG
取っ手位置を合わせて撮り直しました。

完成です。

次は何買おうかな。。。

UCのデルタプラスが欲しいのですが

同じくUCのリゼル(ゼネラルレビル配備型)も欲しくて迷っています。


MG 百式 Ver.2.0 作成その3(比較) [ガンダム]

さて、組み立てまで完成した百式ですが、

以前作成したMG百式+バリュートパックと比較してみます。

MG百式_Ver.2.0_-112.jpg
塗装の出来はおいておいて、全体的にほっそりとしています。

MG百式_Ver.2.0_-114.jpg
フォルムの厚みも違いますね。
(ここで、写真で腕のパーツを付け忘れているのを発見しました。。。)

MG百式_Ver.2.0_-118.jpg
背中の印象もずいぶんと違います。

MG百式_Ver.2.0_-120.jpg
上から見下ろすとバックパックの造型やバインダーの接続部分とか色々違っています。

MG百式_Ver.2.0_-124.jpg
作ったときは格好いいと思っていたんですが、最新のガンプラはやっぱり一味違います。

MG百式_Ver.2.0_-125.jpg
バランスも少し後ろに荷重がかかっています。

今回のMG百式 Ver.2.0にはバリューとパック用の接続用パーツが入っています。
バリュートパック自体は単体でプレミアムバンダイでも購入可能ですが
すでに完成品を持っているので装着してみました。

MG百式_Ver.2.0_-130.jpg
こんな感じ

MG百式_Ver.2.0_-134.jpg
少しボリューミーな感じになりますが、なかなかよろしいかと。

MG百式_Ver.2.0_-131.jpg
これぐらいのパーツでもしっかり自立しています。

MG百式_Ver.2.0_-135.jpg
リアにバリュートパック付けられます。もちろんバックパックの上から装着可能です。

MG百式_Ver.2.0_-137.jpg
上から見るとこんな風になります。

MG百式_Ver.2.0_-139.jpg

MG百式_Ver.2.0_-142.jpg
脚部もパーツ差し替えでしっかり装着できます。

MG百式_Ver.2.0_-144.jpg
パイプは少し曲げる必要がありますが、装着できます。

MG百式_Ver.2.0_-146.jpg
下からのぞくとこんな感じですね。

さて、次はいよいよデカール貼りとメガバズーカランチャー装填です。


タグ:MG 百式Ver.2.0

MG 百式 Ver.2.0 作成その2(組立) [ガンダム]

それでは、組み立てていきます。

パーツを切り取ってから墨入れするのは面倒なので

まずはパーツ全体を眺めて必要な箇所を墨入れしてからカットしていきます。

いきなり、脚部完成ですが、金メッキパーツはアンダーゲート処理されているので

仕上がりはとても綺麗です。

PB140060.JPG
右脚部完成

PB140061.JPG
足首辺りの装甲がやけに少ないですね。

PB140062.JPG
ずいぶんとほっそりとしています。

PB140063.JPG
両脚部完成です。

PB140065.JPG
続いて腰の部分です。

PB140066.JPG
これも細くて華奢な感じです。

PB140067.JPG
後ろ側にはビームサーベル用のラックがあります。

PB140072.JPG
両脚部と合体

PB140076.JPG
続いて胸の部分です。コックピットハッチは開きます。

PB140078.JPG
背中部分です。バックパック用の穴があります。

PB140079.JPG
腰部分に胸部分をつけて合体。

PB140080.JPG
やはり相当細身ですね。

PB140081.JPG
両腕をさっくりと作成。

PB140082.JPG

PB140083.JPG

PB140084.JPG
マニュピレータは親指と人差し指が独立でその他3本が一体となっています。

で、顔と背中のバインダーバックパック、武装を作って完成です。

MG百式_Ver.2.0_-103.jpg
フェイスマスクの中はデュアルセンサータイプと走査線タイプとノーマルが選べます。差し替えも可能です。

MG百式_Ver.2.0_-104.jpg
バインダーもスマートで綺麗です。

MG百式_Ver.2.0_-105.jpg
後ろ側もすっきりしています。

MG百式_Ver.2.0_-107.jpg
武装も綺麗に色分けされていてなかなかの質感です。

さて、次回は以前作成したMG百式+バリュートパックとの比較画像と

バリュートパックを装着してみます。


タグ:MG 百式Ver.2.0

MG 百式 Ver.2.0 作成その1(ランナー紹介) [ガンダム]

以前、と言っても2007年のことですが

MG百式+バリュートパックを購入して無謀にも塗装にチャレンジして

まんまと失敗したわけですが、(こちらの記事)

今回リベンジプレミアムバンダイでしか販売していない

「メガバズーカランチャー」を入手したので

メガバズーカランチャーと百式にチャレンジしました。

メガバズーカランチャーは組み立てて

付属の水転写でカールを貼って、つや消しスプレーで仕上げました。

さて、本題のMG百式 Ver.2.0のまずはランナー紹介から

EB070363.JPG
Aパーツ

EB070364.JPG
Bパーツ

EB070365.JPG
Cパーツは2つ

EB070366.JPG
Dパーツは2つ

EB070367.JPG
Eパーツ 2つ

EB070368.JPG
Hパーツ 武装ですね。

EB070369.JPG
ポリキャップとビームサーベル

そしていよいよ登場!アンダーゲート仕様のメッキパーツです。EB070370.JPG
Fパーツ

EB070371.JPGEB070372.JPG
Gパーツが2つ

パーツ数はMGとしては普通ですね。

前回作ったJESTAのほうが多いくらいでしょうか。


今回はメッキパーツには墨入れをしないで

それ以外のパーツに墨入れを施していきます。

それでは次回に続きます。


タグ:MG 百式Ver.2.0

MG RGM-96X JESTA作成 その5 [ガンダム]

さて、MG「JESTA」最終回です。

腕を仕上げる前に、少し時間が有ったので

腿の装甲部品のランナー跡をやすりで研磨してみました。

MG_JESTA-20141104101-2.jpg
やはり、ゲート跡はなかなか綺麗にはなりません。

MG_JESTA-20141104102-2.jpg
全塗装するといいでしょうね。

MG_JESTA-20141105105.jpg
左腕と右腕が有りますがパーツが違います。

MG_JESTA-20141105107.jpg

MG_JESTA-20141105111.jpg
右腕にはビームライフルのエネルギーパックが3本入り

左腕にはビームサーベルのラックが入ります。

MG_JESTA-20141105113.jpg
指(マニュピレータ)は5本別体になっております。

MG_JESTA-20141105115.jpg
これまたゲート跡が残ってますので、後で少し削りましょう。

このマニュピレータは「エモーショナル・マニピュレーターSP」といって

ビームライフルやビームサーベルを保持するためのガイドがあって

このガイドを武器本体に差し込むことで保持力が上がる優れものです。

MG_JESTA-20141105117.jpg
腕をつけて

MG_JESTA-20141105120.jpg
バックパックつけて

MG_JESTA-20141107121.jpg
頭つけて

MG_JESTA-20141107123.jpg
シールドを着けて完成です。

MG_JESTA-20141107125.jpg
ビームライフルは腰にラック可能です。

MG_JESTA-20141107128.jpg
なかなかいい造型ですね。

MG_JESTA-20141115131.jpg
シールも貼ってみました。

MG_JESTA-20141115138.jpg
アクションベースも買ってきました。

MG_JESTA-20141115136.jpg
LEDを点灯します。

MG_JESTA-20141115142.jpg

うん、撮影ブース買おうかしら。。。

完成です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。