So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

MG MSN-001A1 DELTA PLUS を作る その3 [ガンダム]

上半身を作っていきます。

MGデルタプラス_-053.JPG
首の収納部分です

MGデルタプラス_-052.JPG

MGデルタプラス_-054.JPG
背中部分

MGデルタプラス_-055.JPG
丈夫の白いパーツが変形時に結構重要なパーツになります。

MGデルタプラス_-056.JPG

MGデルタプラス_-057.JPG
胸の部分にはちゃんとコックピットが有ります。

MGデルタプラス_-058.JPG

MGデルタプラス_-059.JPG
下半身とドッキングします。

MGデルタプラス_-060.JPG
両腕です。

MGデルタプラス_-061.JPG
こちらもサクッと

MGデルタプラス_-063.JPG
はい、完成

MGデルタプラス_-064.JPG
後姿

MGデルタプラス_-065.JPG
上から

さて、バインダーを装着して変形してみます。

その4に続きます。


MG MSN-001A1 DELTA PLUS を作る その2 [ガンダム]

墨入れも終わったので早速組み立てていきます。

説明書どおりではなく、まずは足先から作ります。

MGデルタプラス_-033.JPG

MGデルタプラス_-034.JPG

MGデルタプラス_-035.JPG
結構複雑にパーツが組み合わされていて、変形機構を盛り込んでいます。

MGデルタプラス_-036.JPG
一気にふくらはぎまで組み立てます。

MGデルタプラス_-037.JPG
太もも部分のパーツが多く重量バランスがひざ付近に偏っています。

MGデルタプラス_-038.JPG
腰の部分です。

MGデルタプラス_-039.JPG
変形前提なのでパーツ数は多めですが、構造は簡単です。

MGデルタプラス_-040.JPG
横から、ビームサーベルのラックも有りません。

MGデルタプラス_-041.JPG
後ろ側

MGデルタプラス_-042.JPG
中の根元パーツが開く機構ですね。

MGデルタプラス_-044.JPG
足パーツとドッキング

MGデルタプラス_-045.JPG
スマートですね。

MGデルタプラス_-047.JPG
続いて背中のバインダー

MGデルタプラス_-048.JPG
変形時には羽になります。

MGデルタプラス_-049.JPG
カナル翼もあります。可動します。

MGデルタプラス_-050.JPG
盾の部分ですが、飛行形態時には機首になります。

MGデルタプラス_-051.JPG
盾として考えるとミサイルランチャーが有るのは物騒ですね。

その3に続きます。


MG MSN-001A1 DELTA PLUS を作る [ガンダム]

せっかくの正月休みで時間が有りましたので

前から欲しかったMG デルタプラスを買ってきました。

変形機ということもあり、パーツはやや大目でしょうか。

まずは外箱から

MGデルタプラス_-001.JPG

MGデルタプラス_-002.JPG

MGデルタプラス_-006.JPG

MGデルタプラス_-007.JPG

MGデルタプラス_-007.JPG

MGデルタプラス_-008.JPG

MGデルタプラス_-009.JPG

MGデルタプラス_-010.JPG

MGデルタプラス_-011.JPG

MGデルタプラス_-012.JPG

MGデルタプラス_-013.JPG

MGデルタプラス_-014.JPG

MGデルタプラス_-015.JPG

MGデルタプラス_-016.JPG

MGデルタプラス_-017.JPG

MGデルタプラス_-018.JPG

MGデルタプラス_-019.JPG

説明書は30ページほど有りますが、後半は変形方法の解説です。

それでは、続いてランナー紹介です。

MGデルタプラス_-020.JPG
Aランナーは背中、盾、足先のパーツです。

MGデルタプラス_-021.JPG
Bランナー、腰、頭、ふくらはぎ、すねの外装パーツ

MGデルタプラス_-022.JPG
Cランナー、機首とバインダー

MGデルタプラス_-023.JPG
Dランナー、バインダーや腰のパーツ

MGデルタプラス_-024.JPG
Eランナー、2つふくらはぎなどの外装パーツ

MGデルタプラス_-025.JPG
Fランナー、腰の内装パーツ

MGデルタプラス_-026.JPG
Gランナー、腰、ふくらはぎなどの内装パーツ

MGデルタプラス_-027.JPG
Hランナー、武装(ビームライフル)

MGデルタプラス_-028.JPG
Iランナー2つ、脚部の内装パーツ

MGデルタプラス_-029.JPG
Jランナー2つ、腕の内装パーツ

MGデルタプラス_-030.JPG
PEランナー、ポリキャップ

MGデルタプラス_-031.JPG
SBランナー、ビームサーベル 水色です。

MGデルタプラス_-032.JPG
デカール類、カメラアイのメッキシール、シールと転写シールです。

簡単そうなので、さくっと仕上げていきます。

今回は、ガンダムマーカー墨入れペン流し込みタイプで

内装類は黒色、外装は灰色で墨入れを行っています。


MG 百式 Ver.2.0 作成その4(完成) [ガンダム]

それではMG百式Ver.2.0にメガバズーカランチャーを装備します。

まずはメガバズーカランチャーですが、水転写デカールを貼り、

息子のウェザリングマスターを借りて汚しをかけて仕上げにつや消しスプレーを塗装しました。

MG百式_Ver.2.0_-129.jpg
これはウェザリング前です。

MG百式_Ver.2.0_-148.jpg
ウェザリングかけました。

MG百式_Ver.2.0_-149.jpg
噴射口をそれっぽく。

MG百式_Ver.2.0_-150.jpg
銃口をそれっぽく。

MG百式_Ver.2.0_-151.jpg

MG百式_Ver.2.0_-152.jpg

MG百式_Ver.2.0_-025.JPG
仕上げにつや消しスプレーをして完成。

MG百式_Ver.2.0_-026.JPG
1/100ですがそんなに大きくないです。

さて、水転写デカールに少してこずりましたが、MG百式本体も完成しました。

MG百式_Ver.2.0_-003.JPG
なかなかの佇まいです。

MG百式_Ver.2.0_-004.JPG
やっぱり漢字の「百」がいい感じですね。

MG百式_Ver.2.0_-005.JPG
水転写デカールは結構細かいのですが仕上がりは良いですね。

MG百式_Ver.2.0_-011.JPG

MG百式_Ver.2.0_-012.JPG

MG百式_Ver.2.0_-013.JPG

MG百式_Ver.2.0_-014.JPG

MG百式_Ver.2.0_-017 (3).jpg

MG百式_Ver.2.0_-019.JPG

MG百式_Ver.2.0_-021.JPG

そしてメガバズーカランチャーと合体。

MG百式_Ver.2.0_-036.JPG
アクションベースの位置が決まらなくて相当苦戦しました。

MG百式_Ver.2.0_-039.JPG
取っ手と本体が離れちゃってます。

MG百式_Ver.2.0_-042.JPG

MG百式_Ver.2.0_-047.JPG

MG百式_Ver.2.0_-051.JPG

MG百式_Ver.2.0_-055.JPG

MG百式_Ver.2.0_-059.JPG

MG百式_Ver.2.0_-070.JPG

MG百式_Ver.2.0_-076.JPG
完成品をMGアーガマ配備MSと

PC060011.JPG
取っ手位置を合わせて撮り直しました。

完成です。

次は何買おうかな。。。

UCのデルタプラスが欲しいのですが

同じくUCのリゼル(ゼネラルレビル配備型)も欲しくて迷っています。


MG 百式 Ver.2.0 作成その3(比較) [ガンダム]

さて、組み立てまで完成した百式ですが、

以前作成したMG百式+バリュートパックと比較してみます。

MG百式_Ver.2.0_-112.jpg
塗装の出来はおいておいて、全体的にほっそりとしています。

MG百式_Ver.2.0_-114.jpg
フォルムの厚みも違いますね。
(ここで、写真で腕のパーツを付け忘れているのを発見しました。。。)

MG百式_Ver.2.0_-118.jpg
背中の印象もずいぶんと違います。

MG百式_Ver.2.0_-120.jpg
上から見下ろすとバックパックの造型やバインダーの接続部分とか色々違っています。

MG百式_Ver.2.0_-124.jpg
作ったときは格好いいと思っていたんですが、最新のガンプラはやっぱり一味違います。

MG百式_Ver.2.0_-125.jpg
バランスも少し後ろに荷重がかかっています。

今回のMG百式 Ver.2.0にはバリューとパック用の接続用パーツが入っています。
バリュートパック自体は単体でプレミアムバンダイでも購入可能ですが
すでに完成品を持っているので装着してみました。

MG百式_Ver.2.0_-130.jpg
こんな感じ

MG百式_Ver.2.0_-134.jpg
少しボリューミーな感じになりますが、なかなかよろしいかと。

MG百式_Ver.2.0_-131.jpg
これぐらいのパーツでもしっかり自立しています。

MG百式_Ver.2.0_-135.jpg
リアにバリュートパック付けられます。もちろんバックパックの上から装着可能です。

MG百式_Ver.2.0_-137.jpg
上から見るとこんな風になります。

MG百式_Ver.2.0_-139.jpg

MG百式_Ver.2.0_-142.jpg
脚部もパーツ差し替えでしっかり装着できます。

MG百式_Ver.2.0_-144.jpg
パイプは少し曲げる必要がありますが、装着できます。

MG百式_Ver.2.0_-146.jpg
下からのぞくとこんな感じですね。

さて、次はいよいよデカール貼りとメガバズーカランチャー装填です。


タグ:MG 百式Ver.2.0